トップ > 地盤調査トップ > スウェーデン式サウンディング試験

 

スウェーデン式サウンディング試験

 

スウェーデン式サウンディング試験は、JIS(日本工業規格JISA1221-2002)で規定されている地盤調査方法で、住宅用地の地盤強度を調査する方法として広く用いられています。

先端にスクリューポイントを取り付けたロッド(まわし棒)に、100kgまで段階的に荷重を加えて、地中へのロッドの貫入量を測ります。

貫入が止まったら、回転を加えてロッドを更に地中にねじ込み、25cmねじ込むのに必要な半回転数(180°回転)を測定し、その結果を基に地盤の強度を判断します。

清和工業では、経験豊富は調査スタッフと全自動試験機の導入により、調査スタッフごとの測定値のばらつきを排除し、正確な測定を実現しています。

スウェーデン式サウンディング試験手順


[ STEP 1 ]

ロッドを調査ポイントに垂直に設置し、25kgの過重をかけて貫入するか確認します。

貫入しない場合は、25kgずつ 過重を増やしていきます。

段階的に100kgまで加重し、貫入した距離と過重量を記録します。


[ STEP 2 ]

100kgの過重で貫入しなければ、ロッドを回転させて強制的に貫入させ、25cm貫入させるのに何回転(1回転180 度)したかを記録します。


[ STEP 3 ]

固い地盤(支持層)に到達するまで(最大10m程度)ロッドを継ぎ足し、25cm貫入ごとに回転数を記録します。

 

地盤調査報告書・地盤診断書の詳細はこちら

トップごあいさつ地盤調査地盤改良会社案内求人情報お問い合わせ