トップ > 地盤改良トップ > 表層改良工事

 

表層改良工事(地盤改良工事)

 

 

表層改良工法とは、軟弱な地盤の土をセメント系固化材と混合攪拌し、固化させることで、地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ工法です。

なお、この地盤改良工法は、地表面から約2m程度が限界です。

表層部1〜2mくらいの土とセメント系固化材を重機を使用し、攪拌するため、改良状況を目で見て確認することができるとともに、状況に応じて柔軟が施工を行うことができます。

専用の施工機が不要なため、現場の規模に関わらず工事を行うことができます。

 

清和工業では、特許(第3782770号)を取得した、 環境に優しく、低コストな新しい 表層改良工法を実施しています。

 

 

地盤調査ならびに地盤改良工事により安全な施工を行うことで、10年間および5,000万円までの保証を得られます。

(生産物賠償責任保険摘要)

 

柱状地盤改良工事手順


準備

材料(固化材)搬入と施工機

掘削

基礎になる部分の地面を掘削し、底を均一にします。

材料散布

土質、設計荷重を考慮し、セメント系固化材を所定量散布します。

撹拌

パワーシャベルを使用し、固化材と土をむらのないよう、十分に混合します。

整地・転圧

基準の高さにあわせながら、重機で締め固めた後、ローラーで均一に固めます。

完成後、建物を支える改良地盤となります。

 

 

ジオクロス工法 表層地盤改良工事実績 地盤改良についてのお問い合せ

トップごあいさつ地盤調査地盤改良会社案内求人情報お問い合わせ