トップ > 地盤改良工事トップ > 表層改良工事 > ジオクロス工法について

 

ジオクロス工法について(地盤改良工事:表層改良)

 

 

ジオクロス工法(特許工法:特許第3782770号)は、環境に優しく、低コスト。 エコロジーにも配慮した、新しい住宅地盤対策工法です。

ジオクロス工法は、従来の支持地盤から支える工法と異り、基礎直下にシートを敷いて不同沈下と沈下量を制御する工法です。

素材として用いられているデュポンタイパーは、海外で線路、道路等の軟弱地盤改良工事に使用されている不織布です。

ジオクロスを敷設することにより「ハンモック効果」と「周辺地盤の押さえ効果」が期待でき、砕石施設、ローラー転圧を実施し、地盤の支持力を増強させます。

 

地盤調査ならびに地盤改良工事により安全な施工を行うことで、10年間および5,000万円までの保証を得られます。

(生産物賠償責任保険摘要)

 

地盤対策に困ったら、環境に配慮したジオクロス特許工法

ジオクロス工法は環境に優しく、低コスト。エコロジーにも配慮した、新しい住宅地盤対策工法

ジオクロスを2方向に(縦横)に敷設することにより、土のせん断抵抗を高め、住宅の不同沈下を防ぎます。

また、土に加わっている力をシート敷設効果で分散されることにより、均質な地盤を形成することを目的とする工法です。

ジオクロス工法の特長

●重機は不要。振動、騒音もありません。

●地下水汚染、土壌汚染もありません。

●施工・材料ともにシンプルで、他工法と比較し、短期で施工可能で安価です。

●狭い現場でも作業性がよく、敷設作業は短時間で完了。

●掘削深度が浅いので、残土処分の量が少ない。

ジオクロス工法の考え方

●工法の目的:建物の総沈下量の減少と不同沈下の抑止

●工法の原理:シートを根切り底面に敷設し周辺を固定、建物重量によりシートに引張り力を生じさせ、住宅の荷重分散効果を得る

連続繊維シート・デュポンタイパーの性能

●酸、アルカリに耐性がある

●耐久性能は半永久的に持続

●腐食および生物劣化しない

●引張り強度、耐突き貫け強度が大

ジオクロス工法の性能

シートの1枚の張力は、5.1kN/mとなり、2mごとに30cmのオーバーラップ(単位幅当たり15%のオーバーラップ)があり、さらに縦・横2方向に敷設するので、支持力向上に寄与するシートの張力は5.1kN/m×(1.15×2)=11.7kN/mとなります。

ジオクロス工法の荷重分散効果のイメージ

ベタ基礎の場合

建物荷重をベタ基礎底盤の面積に分散して地盤に伝達する。

鉄板敷きの場合

建物荷重をベタ基礎よりさらに広範囲に鉄板を敷き込み地盤に伝達する。

鉄板の面積がベタ基礎より広い分だけ荷重分散効果がでる。

ジオクロス工法

シートを敷設する事で二つの効果

 (1)ハンモック効果

 (2)周辺地盤押さえ効果

によって荷重分散が高められる。

荷重分散効果……小さい

荷重影響深度……深い

荷重分散効果……中程度

荷重影響深度……中程度

荷重分散効果……大きい

荷重影響深度……浅い

 

ジオクロス工法の施工手順

■ 掘削

■ 砕石層のローラー転圧、ランマー転圧

■ 短辺方向敷き込み

■ 端部固定状況確認

■ 長辺方向敷き込み

■ 重ね巾の確認

■ 端部固定状況確認

■ 敷き込み完成

■ 端部押さえコンクリート打設

 

表層改良工事に戻る 表層改良工事実績 地盤改良についてのお問い合せ

トップごあいさつ地盤調査地盤改良会社案内求人情報お問い合わせ